ロゴ
福島建設
トップページ 住まいづくり
建築工程
施工実例集
当社のご案内
新着情報
お問い合せ
 
 



住まいづくりの紹介


工法
  当社ではお客様のご希望や構造によって、木造軸組工法とツーバイフォー工法(枠組壁工法)のどちらの工法でも建築しています。断熱には断熱性に優れた硬質ウレタンボードで外側をすっぽり包み込むソトダン21工法を採用しています。「ソトダン21」については詳しくは→
 
建築中写真



自社直営
 

建築には勤続35年を越える棟梁をはじめ、全員が20年以上ベテランスタッフです。そのため社員はみんな家族同然のつきあいで、建築現場も常に家族的な雰囲気に包まれています。上棟頃には全員が工事に参加し、協力しながら工事を進めます。
また、住まいづくりにおいて最も重要な基礎工事は、下請業者に発注せず全て自社で施工します。基礎工事は外部に発注というのが一般的ですが、基礎工事に問題が生じれば住宅全体の耐久性に影響を及ぼしかねません。構造体を強固なものにするためにも、基礎工事は当社の責任において施工しています。

基礎工事




自由設計   住む人のライフスタイルや個性によって、住まいのあり方も変わって当然です。単に洋風・和風という好みだけの問題ではなく、家族が満足して快適に暮らせる空間づくりが重要なことであり、これまでの住まいづくりにおいても最も神経を注ぐ部分です。当社の施工写真などをご覧いただきながら全体の雰囲気を把握し、敷地やご予算に合わせながら要望に沿ったプランを提出しますが、一度で決定に至ることはほとんどなく現実には3、4回作り直して…というケースが一般的です。納得いくまでご要望を話していただくことが、結果的に大きな満足につながっています。当社の施工例をぜひご覧下さい。



アフター体制  

木造住宅は木材の性質上、完成後2〜3年は狂いが生じやすく、建具がスムーズに開閉しなかったり壁のクロスがよじれるなどの現象が、多かれ少なかれほとんどの木造住宅に起きてきます。そのため当社では、時期的に暖かくなり木材も乾燥もおさまってくる5月(ゴールデンウィーク後)に、住宅完成後最初のアフターに巡回しています。それ以降は、お客様からご連絡があった時点で担当者が直接伺い、状況を判断しながら手配を行いますが、設備機器の取り扱いに関するお問い合せなどには随時対応させていただいています。




資金計画・土地購入   住宅を建築するというのは普通、一生のうちに何度もあるという訳ではありません。そのため土地を購入したくても希望の土地が見つからなかったり、どういう土地を選んで良いのか迷うこともあります。当社では住宅を新築される方のために、専門の知識を持った宅地建物取引主任者がご希望に沿った土地をお探しし、契約に関するアドバイスを含めながらお手伝いしています。新築するための借入においても、いつ、どこに、どのように、融資を申し込んでいいのかわからない方も大勢います。当社では借入をご希望の方には、借入手続きや銀行のご紹介も含めてトータルにお手伝いさせていただいています。また、住宅や土地を購入した際にかかる税金などのご相談も承っていますので、何なりとご相談下さい。

マスコット 次へ