ロゴ
福島建設
トップページ 住まいづくり
建築工程
施工実例集
当社のご案内
新着情報
お問い合せ
 
 


安心して暮らせる快適空間


換気システム  

住まいの気密性が高まると室内の汚れた空気や臭い・水分なども外部に放出されず、室内の空気環境は悪化し結露やカビなどが発生する原因にもなります。断熱・気密性が高めることで建物の性能は向上しますが、空気環境が汚染されていては家族にとって快適な空間とは言えません。当社で施工する住宅には換気システムを標準仕様で設備し、室内の汚れた空気や湿気を屋外に排出して新鮮な外気を室内に取り入れる計画換気を行っています。住宅の床面積に合わせて必要な換気量を計画的に行い、一年中快適な室内空間を実現しながら結露やカビを抑制して建物の寿命も延ばします。

   

換気ユニット 
施工写真はこちら→




VOC対策  

VOCとは、Volatile Organic Compound(揮発性有機化合物)の総称です。トルエン、キシレン、スチレンなどといったさまざまな種類があり、化学合成された石油製品や家の建材や内装材、塗料、接着剤などから発生して室内に発散されます。微量でも人体に悪影響を及ぼすといわれ、頭痛やめまい、くしゃみ、ぜんそくなどを誘発し、アレルギーやシックハウス症候群などを引き起こす原因と考えられています。当社では揮発性有機化合物を使わない原材料を使用した内装材、床材などを出来る限り採用することで、不快な症状を抑制し安心して暮らせる住まいづくりを目指しています。

床



木材塗料   当社ではアレルギーやシックハウス症候群などを引き起こす原因となるホルムアルデヒド・トルエン・キシレンなどの揮発性有機化合物を含まない木材塗料《ノンロット》を使用しています。 揮発性が無く塗膜を造らないため、塗装しても無塗装の木材と同じように湿気の吸・排出をします。木の呼吸を妨げないことで、木の香りも保たれます。さらに 浸透した薬剤が表面のひび割れを防いで、木材の保護効果も長続きします。 環境問題にも配慮されていて「内分泌攪乱作用を有すると疑われる化学物質」(環境庁SPEED'98 表3-1)は使用していません。
室内写真



電化機器  

環境や安全面での配慮から、住まいの設備に電化機器を取り入れる家庭が増えてきました。電化機器には給湯のためのボーラー・蓄熱暖房器・融雪システム・調理器具がありますが、不完全燃焼や立消えの心配がなくお子さまや高齢者でも安心して使えるクッキングヒーターは、当社の施工する新築住宅ではほぼ100%の導入しています。熱効率が高く省エネ性にも優れ、お手入れが簡単ですのでお奨めです。

クッキングヒーター

マスコット
このページのトップへ